看護師 人間関係で辞めたい

人間関係で辞めたい看護師

人間関係で辞めたい理由を具体的にみていくと、

  • 先輩看護師が怖い
  • いじめがある
  • 派閥がある
  • 疲れきってかまってられない

が理由にあげられます。
人間関係で辞める人が多い病院にはいくつか特徴があります。

その特徴を知ることは転職で失敗しないことにも繋がります。 以下に人間関係で辞める人が多い病院の特徴を紹介します。

人間関係で辞める看護師が多い病院の特徴

看護師の面接
退職理由が人間関係の多い病院
  • 離職率が異常に高い
  • 年齢構成が偏っている
  • 病棟に殺伐とした雰囲気がある
  • 病棟内が薄暗い

こういった特徴のある病院は「人間関係で辞めたいという看護師が多い」です。

特に年齢構成は必ずチェックしておくべき項目です。
大きな病院であれば部署ごとの年齢構成もみた方がいいですね。


規模の大きな病院は部署の年齢校正もチェックする

規模の大きな病院は部署によっても全然雰囲気が違ったります。

その理由は「看護師長」にあります。
看護師長(副師長のケースもあり)によって部署内の雰囲気が変わるといっても過言ではありません。

看護師長が人間的に優れていると病棟内の雰囲気もよくなります。

もちろんただ優しいだけというわけではありません。
怒るときには怒るのですが、感情で怒鳴ったりすることがありません。

例えば、あなたがミスをしたとします。
プリセプターが追い込むように怒るのではなく、なぜミスをしたか?今度はどうすればいいか?を考えさせます。

簡単にいえば「育てよう」という意思があります。

雰囲気の悪いプリセプターは自分を守ろうとします。
そうしなければ自分が怒られてしまうのですね。

また、自分自身もそういう風に指導されたという過去の経験もあります。

人間関係で苦労しないためにも「離職率、離職した理由、年齢構成」は確認が必須です。